ウーマン

目の下のくまは悪化する前に取り除くのが鉄則

顔がたるんで気になる人へ

女の人

加齢に伴う頬のたるみは、筋力の衰えやコラーゲンなどの減少が主な原因です。たるみをクリニックで治療する場合は、フェイスリフトやレーザー、注射などがあります。このうちフェイスリフトは、切開を伴うのでややリスクがあります。また健康保険適用外の治療なので、実費負担となりますが、最近はローンの利用もできます。

もっと見る

悩みを解決する方法

ウーマン

しわ対策は原因を知ることが大切です。年齢を重ねる毎に、コラーゲンは激減しますが、食事から元となるタンパク質を意識して取ることで、お肌の層から生まれ変わり、お肌の水分を補給し、ストレスを溜めないことが対策であり、アンチエイジングと言えます。

もっと見る

再生医療の素晴らしい効果

女性

効き目を長く持たせるには

美容外科などのクリニックで目の下のくまを再生医療で治療したあと、効き目をなるべく長く持たせるためには曇りの日や冬でも紫外線対策を念入りに行いましょう。紫外線は年間を通して降り注いでいますし、肌は直射日光によって老化スピードが速くなります。せっかく目の下のくまを再生医療で治療しても、老化スピードが速くなると効き目の消失も速くなってしまいます。丁寧なUVケアに励めばその分効果が長くなるので、目の下のくま治療を受けたあとはアフターケアにも力を入れましょう。再生医療は持続効果が長いのが特徴です。自分の細胞を注入後、1ヶ月から3ヶ月すると目の下が目立たなくなりますが、それから2年から3年は最高の状態をキープすることができます。皮膚は常に新生と老化がせめぎ合っているので、老化要素はできるだけ排除するのがポイントです。

当日の洗顔もOK

夏の暑い時期に再生医療による目の下のくま治療を受ける場合、当日顔を洗うことができるかどうか気になります。治療方法によっては患部を濡らさないために美容外科側から洗顔も禁じられることがありますが、再生医療は治療当日から洗顔OKです。腫れを長引かせないために高温のお風呂に長く浸かるような入浴法は避けるべきですが、ぬるま湯に軽く浸かるぐらいならお風呂に入っても構いません。心配ならぬるめのシャワーを浴びて汗を流しましょう。患部は多少腫れることがありますが、冷やすと腫れを早く引かせることができます。血流が促進されるので、もし飲み会があってもアルコールは控えた方が無難です。汗を流すほど激しく身体を動かすことも腫れが長引く原因になるので、施術当日は家でゆったり過ごしましょう。

効果的な美容治療

注射器

ヒアルロン酸注入は様々な施術に使用されて直接メスを入れる施術ではないので体への負担や術後のリスクが低いです。しかし効果の持続しなかったり、患部がデコボコになる事があるので医師との事前のカウンセリングをしっかり行う事が大切です。

もっと見る