証明写真も盛れる

証明写真も盛れる

証明写真で自分を出すのはとても難しいと思います。
何故ならば、免許書などの公的なものをはじめ、履歴書や社員証などとポーズや表情を作ることが許されない写真が多いからです。
でも、ポーズや表情は作れませんが、雰囲気を作ることはできます。

いつもは無造作ヘアな人が髪をセットするだけできっちりとした印象になります。
髪の毛の色を明るくすれば人柄も明るい柔軟性がある人という印象を与えられます。

また、着ている服によっても印象は異なります。
きちんとしたスーツならば誠実な人、ガーリーな服ならばおしとやかな人といった感じです。
どんな髪型、服装でいくと貴方の魅力が伝わる写真が撮れるのでしょうか。
いろいろ試してみてくださいね。

証明写真はプリクラで撮るといい

さらに、証明写真でおすすめなのが写真をプリクラで撮ることです。
証明写真用の機械で写真を撮ると自分の思っていたものと違う写真が撮れてしまいがちです。
ですが、プリクラで撮ると撮り終えた際に肌の色などの加工が可能です。
過度な加工は使えませんが、多少いじる分には許容範囲ではないでしょうか。
また、証明写真機よりフラッシュの光が強めですからプリクラの方がよりきれいに映ります。

さらに、もうひとつ。
証明写真機で写真を撮るのとプリクラで写真を撮るのでは料金が全然違います。
プリクラで撮ると証明写真機の約半額で写真が撮れます。
さらに、裏はシールになってますからノリをつける必要はありません。
綺麗に安くとれるのでしたらプリクラの方がいいですよね。