顔がたるんで気になる人へ|目の下のくまは悪化する前に取り除くのが鉄則
レディー

目の下のくまは悪化する前に取り除くのが鉄則

顔がたるんで気になる人へ

女の人

クリニックでの施術方法

年齢を重ねるにつれて、頬のたるみが気になってくるという人も多いでしょう。この頬のたるみは筋肉の力が弱くなる、あるいはコラーゲンやエラスチンなどの減少に伴ってたるんでしまうというのが原因です。もちろん若い頃から、顔のエクササイズやマッサージを続けたりして、ある程度防ぐことはできますが、それでもたるみが出てしまった時は、美容クリニックで治療を受けるといいでしょう。治療方法にはフェイスリフト、レーザーや注射といった方法があります。このうちフェイスリフトは、皮膚を切開したり糸で吊ったりして、たるみをなくすものです。またレーザーは、コラーゲンを活性化させる働きがあります。それから注射は、ヒアルロン酸やボトックスを注射することで、頬を持ち上げたり、たるみを目立たなくしたりする方法です。

注意しておきたい点とは

このうち頬の皮膚を吊り上げるフェイスリフトは、切開を必要とするため、筋が損傷する可能性もあり、慎重な判断が必要です。一方レーザーによるコラーゲン活性化はリスクが少なく、しかも方法によっては、皮膚の土台の部分そのものに作用することもできますので、安全性は高いといえます。また注射は即効性がありますが、成分の調整や注入量を考えると、信用できるクリニックでやってもらった方がいいでしょう。またこれらは、いずれも健康保険適用外の治療となります。そのため、実費負担となる点に注意しましょう。最近はカードも使えますし、メディカルローンを組むこともできます。また一度治療をすれば終わりというわけでなく、特に注射などは持続する期間が限られますので、継続的に治療を行うことになります。